動画広告


動画広告とは、Webサイト上に表示させる広告を動画として掲載する広告の手法です。

YouTubeに代表されるネット上の動画視聴サービスが充実したことや、動画の視聴機会がテレビからネットにシフトしてきたこと、そしてスマートフォンの利用の拡大がネット上の動画を視聴する機会を増やしたことなどから注目されています。

動画広告は一見、テレビCMに似ていますが、そこにはWebサイト上ならではの特徴があります。
通常は、動画の再生中や再生後にクリックしたりタップしたりすると、広告主のランディングページなどに移動する仕組みが埋め込まれています。

動画広告の3つの形式


動画広告には主に3つの形式があります

   

インストリーム動画広告

YouTubeに代表される動画プラットフォームで、本編の動画の前にテレビCMのように動画を表示させるプレロールや、本編再生後に表示させるポストロールなどがあります。

この動画広告には、再生が始まると数秒後にスキップできるスキッパブルタイプと、最後まで再生をスキップできないノンスキッパブルタイプがあります。

主な特徴としては、映像と音声と文字を使って大画面で閲覧者に訴求できることです。

課金は従来のバナー広告のようなクリックに課金するのではなく、広告視聴単価課金(CPV)や、最後まで視聴された場合のみ課金する完全視聴単価(COCV)方式が採用されています。

   

インバナー動画広告

Webサイト上のバナー広告枠に動画広告を表示するタイプです。

このタイプでは、既存の大量に存在するバナー広告枠を流用できるため、動画視聴サイト以外にも動画広告を掲載できる利点があります。

しかし一方では、閲覧者が無視することになれた位置への広告であるという考えもあり、動画にしても注目されない可能性もあります。

そのため、マウスオーバーでエキスパンド表示にするなど、インタラクティブ性を加えて注目度を高める手法も採られています。

   

インリード動画広告

インリードとはIn Readで、メインコンテンツである記事の途中に配置された動画広告です。

記事を読むためにスクロールすると、閉じられていた動画が表示されるタイプや、動画広告が画面内に表示されると自動的に再生を始めるタイプがあります。
インリード動画広告は、記事の内容に関連づけされた動画であれば視聴される可能性が高まることが期待できます。

動画広告の評価方法


それでは動画広告の効果はどのように評価されるのでしょうか。主なKPIとして、以下の3つがあります。

   

再生回数もしくは視聴回数

何を持って再生回数にカウントするかは、媒体によって異なります。たとえばYouTubeでは30秒未満の動画については再生が完了した時点でカウントし、30秒以上の動画については30秒を経過した時点でカウントされます

   

離脱率もしくは視聴者維持率

視聴者が動画のどの時点まで視聴したのかを示す指標です。この指標は、視聴者が動画の最も重要な再生部分まで視聴しているかどうか、あるいは逆に、どの再生部分で離脱されてしまっているかなど、動画の内容を評価する際に有効です。

   

エンゲージメント

エンゲージメントとは、ビジネス全般では消費者が製品やブランドなどに持つ親近感や愛着心を示しますが、動画広告では「いいね」やコメント数、Twitterのリツイート数などを示します。また、広告がクリックされた回数も含めます。

動画広告の料金の相場


動画広告の料金は、視聴された分だけ発生するCPV(Cost Per View)方式が一般的で、視聴課金型とも呼びます。
おおよそ1クリックあたり10~200円ですが、媒体やオークションの結果により変動しますので、一律にいくらとは決められませんが、主な媒体ごとのおおよその相場を見てみましょう。

YouTubeは1再生あたり数円~数十円ですが、スキップされた動画はカウントされません。具体的には30秒未満の動画は最後まで再生されて初めて費用が発生し、30秒以上の動画は30秒以上再生されて費用が発生します。

Facebookは1再生あたり100~200円程度ですが、こちらも10秒以上再生された場合に費用が発生します。

Twitterはオークションのため、金額を事前に想定することが難しいですが、公式サイトでは上限入札単価を80~100円程度にすることが推奨されています。たとえば80円で月間3000件を誘導したいという場合は、80×3,000=240,000円の予算が必要と言うことになります。

動画広告の可能性


以上のような特徴を持つ動画広告は、これまでのバナー広告では難しかったユーザーへのリーチを実現する可能性があります。また、既存のバナー広告などでは注意を惹くことが難しくなってきているユーザーに注目される可能性もあります。
従いまして、ビジネスの拡大に、動画広告を検討する価値は大きいと言えます。