SNS広告


インターネット広告と言えば、リスティング広告やAd NetworkのようなWeb広告が主流でしたが、新しいプラットフォームとして注目されているのがSNS広告です。

Facebook、Twitter、Instagramなどを使ったSNS広告が注目されているのは、非検索ユーザーへの訴求が行えることと、ターゲティングの容易さにあります。

ここでは主なSNS広告について紹介します。

非検索ユーザーへの広告配信


これまで主流だったWeb上の広告は、その前提として、ユーザーが検索を行うことがありました。

ところが近年はスマートフォンユーザーを中心に、ネットの利用における検索利用の割合が下がってきました。

それはニュースアプリやSNSを使うことが多く、検索をしなくても様々な情報を得られる環境が充実してきたためです。

そこで、検索を前提としなくても、狙った属性のユーザーに自然に広告を見せることができるSNS広告の有効性が注目されるようになりました。

SNSはユーザーの属性データベース


SNS広告が注目される理由の一つは、非検索ユーザーに広告を見せられることでしたが、もう一つ大きな特徴があります。

それは、SNSに蓄積されている、ユーザーの属性データベースを活用できるという点です。

つまりSNS広告は、テレビCMのように不特定多数に広告を見せるのではなく、属性で絞り込んだターゲットに向けて広告を配信できるのです。

SNSには、ユーザーの年齢や性別、地域、関心、行動履歴などの様々な属性情報がデータベースとして蓄積されています。これを利用して、広告を見て欲しい属性を持ったユーザーをターゲットにして、タイムライン上に自然に広告を表示させるため、視認率が高くなることが期待できるのです。

  

これが、これまでのWeb広告との違いです。

主なSNS広告の特徴


それでは、主なSNS広告についてその特徴を見ていきましょう。ここでは代表的なSNSとして、Facebook、Twitter、Instagramについて紹介します。

  • Facebook

  • Facebookは他のSNSよりもユーザーの年齢層が高い傾向があります。そのため、SNS広告では若者向けにはTwitterやInstagramが利用され、より高い年齢層までを網羅したい場合はFacebookを利用するという傾向があります。

    特に30~40代に強いと言われていますが、実際にはより広い年齢層をターゲットとしてカバーしています。

    また、Facebookは他のSNSに比べて、属性(性別、年齢、関心など)別のターゲティングの精度が高いとも言われています。

    Facebookでは3つの目的別に12種類の広告を選ぶこともできます。

    認知度を高めることが目的であれば、「投稿を宣伝」「Facebookページを宣伝」「ブランドの認知度をアップ」から選べます。

    検討機会を提供することが目的であれば、「ウェブサイトへのアクセスを増やす」「アプリのインストールを増やす」「イベントの参加者を増やす」「動画の再生回数を増やす」「ビジネスのリードを獲得」から選べます。

    コンバージョンを高めることが目的であれば、「ウェブサイトでのコンバージョンを増やす」「アプリのエンゲージメントを増やす」「クーポンの取得を増やす」「製品カタログを宣伝」から選べます。

    課金方式はCPA、CPM、CPCから選択でき、入札金額はFacebookから推奨金額が表示されるため、目安にすることができます。

  • Twitter

  • TwitterはFacebookよりもアクティブ率が高いSNSで、10~20代を中心とした若年層の利用が多いことが特徴です。

    気軽につぶやいたキーワードに応じた広告で、ニッチなニーズへもリーチしやすいことも特徴です。

    特にTwitter広告の強みは、フォロワー数の増加や外部誘導、そして情報の拡散です。そして広告はユーザーのタイムライン中に表示されますので、視認性が高くなります。

    広告の掲載には「ツイートのエンゲージメント」「アプリのインストール数またはアプリの利用率」「ウェブサイトのクリックまたはコンバージョン」「フォロワー」の4方式から選べます。

    課金方式も上記方式ごとに「エンゲージメント課金」「アプリクリック課金」「リンククリック課金」「フォロー課金」があります。

    ターゲットは「言語」「性別」「インタレスト」「フォロワー」「端末」「行動」「テイラードオーディエンス」「キーワード」「地域」で設定できます。

    Twitter広告には、リアルタイムでユーザーの反応が分かることや、多様なデバイスで見られていること、そして短期間で拡散しやすいことなどのメリットがあります。

  • Instagram

  • Instagramが他のSNSと大きく異なる点は、投稿内容が写真中心であることです。また、拡散の機能もありません。

    ユーザー層も20代を中心とした若い女性が多いことも特徴です。男女比は3:7と、女性が男性の倍以上を占めています。

    そのため広告に適しているのは、ファッションや化粧品、スイーツ、旅行といった女性に対するライフスタイルの提案に関する商材で、ビジュアルで訴求しやすいものだと言えそうです。

    画像中心の広告になりますが、300文字までキャプションを入れられます。

情報収集の手段の変化


SNSは今後、さらに個人の生活に密着したメディアとなるでしょう。その結果、ネットユーザーの多くが情報収集にSNSを活用することが予想できます。

この流れに対応するために、広告主は前述したSNSも含めた各SNSの特徴を見極めた上で、より効果的な広告戦略を立てることが重要になってきます。