インターネット広告と言えば、リスティング広告やAd NetworkのようなWeb広告が主流でしたが、新しいプラットフォームとして注目されているのがSNS広告です。

Facebook、Twitter、Instagramなどを使ったSNS広告が注目されているのは、非検索ユーザーへの訴求が行えることと、ターゲティングの容易さにあります。

ここでは主なSNS広告について紹介します。

非検索ユーザーへの広告配信


これまで主流だったWeb上の広告は、その前提として、ユーザーが検索を行うことがありました。

ところが近年はスマートフォンユーザーを中心に、ネットの利用における検索利用の割合が下がってきました。

それはニュースアプリやSNSを使うことが多く、検索をしなくても様々な情報を得られる環境が充実してきたためです。

そこで、検索を前提としなくても、狙った属性のユーザーに自然に広告を見せることができるSNS広告の有効性が注目されるようになりました。

SNSはユーザーの属性データベース


SNS広告が注目される理由の一つは、非検索ユーザーに広告を見せられることでしたが、もう一つ大きな特徴があります。

それは、SNSに蓄積されている、ユーザーの属性データベースを活用できるという点です。

つまりSNS広告は、テレビCMのように不特定多数に広告を見せるのではなく、属性で絞り込んだターゲットに向けて広告を配信できるのです。

SNSには、ユーザーの年齢や性別、地域、関心、行動履歴などの様々な属性情報がデータベースとして蓄積されています。これを利用して、広告を見て欲しい属性を持ったユーザーをターゲットにして、タイムライン上に自然に広告を表示させるため、視認率が高くなることが期待できるのです。

  

これが、これまでのWeb広告との違いです。

主なSNS広告の特徴


それでは、主なSNS広告についてその特徴を見ていきましょう。ここでは代表的なSNSとして、Facebook、Twitter、Instagramについて紹介します。

情報収集の手段の変化


SNSは今後、さらに個人の生活に密着したメディアとなるでしょう。その結果、ネットユーザーの多くが情報収集にSNSを活用することが予想できます。

この流れに対応するために、広告主は前述したSNSも含めた各SNSの特徴を見極めた上で、より効果的な広告戦略を立てることが重要になってきます。

RECRUIT

インフォメーションでは、新卒/既卒とわず、
通年で人材を募集しております。

CONTACT

営業時間:平日 10:00 〜 19:00 
お電話はこちら:03-4455-9006