リスティング広告


リスティング広告とは、Yahoo!やGoogleなどで検索された結果を表示する画面の一部に、検索結果に連動して表示される広告です。

検索結果の表示に違和感がないように、テキストベースのリストとして表示されます。表示内容は検索結果と同様に、リンクが張られたタイトルと数行の説明文、そしてリンク先のURLです。

リスティング広告は、情報を必要としているユーザーにクリックされて初めて費用が発生するため、効率の良い広告として人気があります。

「Yahoo!プロモーション広告」と「Google AdWords」


リスティング広告を運営している媒体はいくつかありますが、その代表的なものはヤフーの「Yahoo!プロモーション広告」とGoogleの「Google AdWords」です。

「Yahoo!プロモーション広告」の広告サービスの内、「スポンサードサーチ」は、国内で最も検索に利用されているYahoo! JAPANの検索結果に表示されるリスティング広告です。

この広告は、検索パートナーであるExciteやbing、@niftyなど十数のサイトにも表示されます。

一方、「Google AdWords」は国内ではYahoo! JAPANに次ぐ2位で、世界では1位の利用者を誇る検索サイトGoogleの検索結果に表示されるリスティング広告です。

やはり検索パートナーのAOLや、Infoseek、livedoor他のサイトにも表示されます。

リスティング広告と自然検索の違い


Yahoo!やGoogleなどの検索結果には、リスティング広告ではない自然検索(オーガニック検索)の結果がメインで表示されています。

いずれも検索結果が上位にあるほどクリックされる可能性が高くなりますので、広告主にとっては気になるところです。

それでは、自然検索とリスティング広告では、どのような違いがあるのでしょうか。

最も大きな違いは、リスティング広告の順位は入札価格や広告の品質評価により順位が変えられますので、比較的簡単にコントロールが可能だということです。

しかし自然検索の結果は、検索エンジン側のランキングアルゴリズムにより、より検索者の役に立つであろうと検索エンジンに判断されたサイトが上位に表示されます。

この順位を上げるためにサイト側に施す対策を、SEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)と呼びますが、ランキングアルゴリズムは検索エンジンにより異なり、しかも日々改良が加えられているため、SEOを施すには高度な技術が必要になります。

また、検索エンジンのアルゴリズムは、より検索者にとって有益なサイトを評価することを目的としていますから、サイトの品質も充実させる必要があります。

つまり簡単に述べてしまえば、リスティング広告での順位をコントロールするには入札金額を高くすれば良いのですが、自然検索での順位をコントロールするには、SEOを施すために高度な技術とコンテンツ品質の向上など、多くの労力を要するということです。

しかも、自然検索のアルゴリズムは常に進化していますので、確実に順位をコントロールすることは困難です。

リスティング広告のメリット


入札金額で順位をコントロールできるリスティング広告には、他にもメリットがあります。

まず、検索に連動するため、情報を求めているユーザーに対してマッチした広告を表示でき、高い広告効果が期待できます。

次に、リスティング広告はPPC広告(Pay Per Click)の一つであるため、クリックされない限り費用が発生しません。

1クリック当たりの費用はキーワードの競争率によって異なりますが、1円から入札が可能ですので予算に合わせた柔軟な運用が可能です。

そしてリスティング広告の効果は、いつでもパソコン上で確認できますので、費用対効果を常に把握することが容易です。

また、リスティング広告が他の広告と異なるのは、いつでも簡単に始められて、いつでも継続や終了ができることです。他の広告では、最初に決めた契約期間などの条件で縛られてしまいますが、リスティング広告ではそのような縛りはありません。

柔軟な運用が可能なリスティング広告


以上のように、リスティング広告は非常に簡単な手続きで手軽に始められ、予算に合わせて柔軟な運用が可能な広告方法です。

また、検索連動型であるため、情報を求めているユーザーにだけ訴求するという効率の良い広告手法でもあります。

ネットでの広告方法に迷われる場合は、低予算から始められて効果測定が容易なリスティング広告から始めることも検討されてはいかがでしょうか。