インフルエンサー・マーケティング


近年、インフルエンサー・マーケティングが注目されています。

これはFacebookやTwitter、Instagram、YouTubeなどのSNSで、インフルエンサーと呼ばれるフォロワー数が多いユーザーが商材を紹介することで、売り上げが伸ばせるというマーケティング手法です。

ここでは、企業がインフルエンサー・マーケティングに注目している理由について解説します。

インフルエンサーの登場


まず、インフルエンサーとは何でしょうか。

インフルエンサーとは、インターネット上で多くの人の消費活動に影響を与える人物を示します。

芸能人やスポーツ選手、専門家の他、人気ブロガーなどです。また、YouTubeやInstagramでの影響力が大きな人も含まれ、YouTuberやInstagramerとも呼ばれています。

このようなインフルエンサーが商品やサービスを紹介すると、多くの消費者の購買活動に影響を与えます。

この影響力の強いインフルエンサーに、自社の商材を紹介させることで販売促進を行うことを、インフルエンサー・マーケティングと呼びます。

インフルエンサー・マーケティングが注目される背景


現代は多種多様な商材があふれていると同時に、企業による多種多様な広告メッセージも氾濫するようになりました。その結果、消費者は企業発のメッセージを信用しなくなり、それらの情報では購買活動を起こしにくい状態になっています。

一方、消費者は企業ではなく、同じ消費者から発信された口コミなどの商品情報を重視し、購買活動の動機付けとするようになりました。

この傾向はインターネットの普及により強くなり、レビュー情報が購買活動に影響を与えるようになります。

特にSNSや動画サイトで発信された情報は口コミ情報を共有しやすく、拡散もしやすい性質を持っています。その中でも多くの消費者に影響力がある人物が実際にその商品を購入したことや使用したという体験を発信すると、瞬く間に情報が拡散されて多くの消費者に購買を促す現象が生じました。

このように影響力があるインフルエンサーと呼ばれる人たちは、広告活動を行っていたわけではないため、良い情報も悪い情報も発信していたことから、企業の広告よりも消費者に信頼される傾向があったのです。

この現象を販売促進に利用しようという企業が増えてきたことが、インフルエンサー・マーケティングが生まれた経緯です。

企業にとってのメリット


企業にとって、インフルエンサー・マーケティングを行うメリットは、インフルエンサーを通じて、企業広告ではリーチできなかった潜在顧客にリーチできることです。

また、多くのインフルエンサーがブログやFacebook、TwitterにInstagram、あるいはYouTubeと、複数のSNSで活動しているため、より多角的に消費者にアプローチできるというメリットもあります。

特に、実際に使ってみたり食べてみたりという体験をしなければその良さが伝わりにくい商品では、一消費者でもあるインフルエンサーが発信する情報は、同じ消費者にとっては企業広告よりも身近で信頼できる情報となります。

マイクロインフルエンサーという潮流


このように、インフルエンサー・マーケティングでは、できるだけ多くの消費者にリーチできるインフルエンサーとコラボすることが重要になりました。

ところが、このインフルエンサー・マーケティングが普及すると、有名なインフルエンサーに企業からの依頼が集中し、そのインフルエンサーが発信する情報が、報酬目当ての宣伝活動であるという印象を強くしました。

その結果、有名インフルエンサーの情報発信は、企業広告と同様に効果が薄れてしまうという現象が出始めているのです。

そこで次に消費者が信頼を寄せるようになったのが、より身近で親近感を持てる規模の影響力にとどまっているマイクロインフルエンサーと呼ばれる存在になります。

実際、数百万人規模のフォロワーを持つインフルエンサーよりも、1~10万人規模のフォロワーを持つマイクロインフルエンサーの方が、共感力や伝搬力が高いことがわかってきました。

そこで昨今は、自社製品にマッチするマイクロインフルエンサーを探しだし、より消費者が共感できる情報を発信してもらうことが注目されつつあります。

ビジネスの基本を思い出させるマーケティング


様々なマーケティング手法が開発される中で、口コミという古い情報伝達方法が、インターネットの普及によりインフルエンサー・マーケティングという新しいマーケティング手法として注目されるようになりました。

また、一消費者でもあるインフルエンサーに評価されるためには、結局いかに消費者にとって優れた商品を提供できるかという、ビジネスの基本に立ち返らせる機会を企業に思い出させることにもなるのではないでしょうか。

その意味でも、インフルエンサー・マーケティングの今後の進化が注目されます。