ディスプレイネットワーク


ディスプレイネットワークとは、「Google Dusplay Network(GDN)」を示し、Googleと提携しているWebサイトやブログ、モバイルサイト、モバイルアプリに表示される広告のことで、GmailやYouTubeにも表示されます。

つまり、Google Adwordsの掲載先の一つで、もう一つが検索結果に表示される検索ネットワークです。

また、「車の購入を検討している人」や「若い女性」といった特定のユーザー層をターゲットに設定して広告を表示させることも可能です。

無数のWebサイトに表示できるディスプレイネットワーク


ディスプレイネットワークは大手のサイトだけではなく、あらゆる企業・団体のサイトや個人のサイト、ブログにまで表示されます。

これは、Google AdSenseの審査に合格すれば、個人のブログでも簡単にディスプレイネットワークの広告を掲載することができるためです。

そのため、ディスプレイネットワークは世界中の無数のWebサイトに広告を表示させることが可能になっているのです。

また、ディスプレイネットワークでは、テキストやイメージ、アニメーションや音声・映像といった様々な広告フォーマットやサイズを利用できることで、視覚的にも訴求力を高められることが大きな特徴です。

なお、ディスプレイネットワークは検索連動型の広告と同様に、クリックあるいはタップされて初めて課金されます。

ディスプレイネットワークの特徴とメリット


ディスプレイネットワークの優れた点は、膨大なWebサイトの中から、訴求対象として適切な閲覧者を見つけ出して広告を表示できることです。

そのために広告主は、広告を表示させたいコンテンツが選ばれるようにキーワードを登録し、広告するサイトの種類やユーザーの絞り込みを行うことができます。

また、逆に関連性が無いサイトには無駄に表示させないといった設定も可能です。

さらに、広告主のサイトを訪問したユーザーを追跡して、ディスプレイネットワーク上のサイトに広告を表示させることもできます。

従って、ディスプレイネットワークのメリットをまとめると以下のようになります。

  • 検索していないユーザーも含めたより多くのユーザーに訴求できる。
  • テキストから動画まで多様な表現方法を利用できるので、より多くの情報で訴求できる。
  • 自分のサイト訪問者を追跡して繰り返しアプローチできる。
  • ターゲットを絞り込んで効率よく訴求できる。

ただし、ディスプレイネットワークには、設定が複雑なために使いこなすことが難しいというデメリットもあります。

このことは、逆に言えば、使いこなせれば競合より優位に立てるということでもあります。

ディスプレイネットワークの可能性


以上の特徴を持ったディスプレイネットワークには、関連性の高いユーザーに印象的なアピールを行うことができますので、商材の認知度を高めたり、ブランドイメージを高めたりすることで売り上げに貢献することが期待できます。

従って、リスティング広告などで今ひとつ効果が得られておらず、まだディスプレイネットワークを活用していないのであれば、一度検討してみるのもよいでしょう。